ネコはミカンを片手に夜明けを待つ

日々の中で出会った映画・本・お店などのエンタメを紹介する雑記ブログです。小説やウルトラマンをはじめとした特撮を中心に運営中。

小説

「夏への扉」紹介 映画化も決まったSFの古典 普遍のテーマ

こんにちは、管理人の侑芽です。 2021年に山﨑賢人さん出演で映画化が決まった「夏への扉」。 原作は古典SFの名作と呼ばれていますが、古い作品故に読んだことのない方も多いでしょう。 本作は「タイムトラベル」を題材に描かれた小説です。 「ドラえもん」…

小説「リズム」は作品が一つの曲

音楽を題材にした小説って、作品自体から曲が聴こえてくるような感覚になる時があります。 私の場合は宮下奈都先生の「羊と鋼の森」を読んだ時その感覚になりました。 森絵都先生の小説「リズム」は作品自体が青春ソングです。 大袈裟な部分は一切無くて、素…

「罪なき私」感想 ネタバレありで作品の魅力と罪の意味を考える

「『死にたい』と思ったことはあるか?」 そう聞かれれば私は迷わず「はい」と答えます。 では「『生きたい』と思ったことはあるか?」 と聞かれたら答えに迷ってしまいます。 自分が今ここに生きていることは凄く当たり前のことで、それはきっと明日も同じ…

私は小説「GODZILLA 怪獣黙示録」を何故面白いと思ったか

(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a…

小説「大脱走」 ほどよい無気力で生きるのもよし

タイトルから、刑務所かどっかから脱獄する話なのかと思って手に取りました。 はて?描かれているのはスーツ姿のサラリーマン。これのどこに脱走の要素があるのか…… 毎日毎日安月給で働いている身で、理不尽なことに耐えられなくなることが誰にもあると思いま…

悠木シュン「背中、押してやろうか?」悪意無き羽ばたきが壊す日常

何気なく発した一言が巡り巡って思いもよらぬ形で伝わり自分自身に不合理な形で跳ね返ってくる。 そんな経験がないだろうか? 自分ではそんなつもりじゃなかった、意図していなかったといくら訴えても起こってしまったことは変えられない。 その事実を突きつ…

『優しい死神の飼い方』感想、4つのエレメントが魅了する奇跡の物語

密かに開設した後しばらく手付かずだったブログですが、作った以上はやりきる精神で令和二年は本格的に書いていきたいと思います。 と言っても、まだまだ機能面などわからないことも多いので改良と勉強を重ねながらやっていきたく思います。 さて、今回は『…