ネコはミカン片手に夜明けを待つ

日々の中で出会った映画・本・お店などのエンタメを紹介する雑記ブログです。小説やウルトラマンをはじめとした特撮を中心に運営中。

閉塞感の中で「ジェダイの哲学」を


スター・ウォーズ ジェダイの哲学 :フォースの導きで運命を全うせよ

スターウォーズで語られているジェダイの台詞。

そこから考えられることを人生に活かせるよう解釈し解説した本は多く存在する。

それらの全てを読んだわけではないが、今回紹介する「ジェダイの哲学」は非常にクオリティの高い内容だ。

新型コロナに伴う緊急事態宣言。

毎日報道される情報。不安を募らせる日々の中で自分のできることを考える機会も多い。

自分にできることが具体的に何かと聞かれれば答えられる数は少ない。

だが、はじめて体験する非日常的な事態に対する心の持ち方を考えることはできる。

それが誰もが知るスターウォーズで学べるのが本書だ。

本書を読むにあたって

本書を理解する前提として、スターウォーズに登場する「フォース」の概念を実生活で信じられるか否かが問題になる。

もちろん、映画の設定であるフォースを現実にあると信じることは難しい。

だから、この本にあるフォースとは「縁」と捉えるのがいいかもしれない。

「あの時は辛かったけど今振り返ればそういう縁だった」と感じたことが一度はあると思う。

自分が作れる縁と人生を取り巻く縁、この二つが本書の柱となる。

自粛生活の中で使える知恵

全ての内容を伝えることはできないので、個人的に今の生活で必要と思ったことを一つ。

22歳で修業を開始してジェダイになったルークを例に「価値観を捨てる覚悟」が解説してある。

どんな価値観も、一度握らなければ手放すこともできないのだからな。

引用:ジェダイの哲学(Gakken)

経験の必要性を重視しながらもそれは所詮過去の物であり、同じ状況が永遠に続くとは限らない。

だからジェダイは「今」に集中することを大切にする。

有名なXウイングをヨーダが沼から引き上げる場面。

ルークがそれをできなかったのは、できることを知らなかったからだ。

ヨーダを見てできると知ってからはルークはできないと言わなくなった。

今、コロナウイルスの影響で色々なことのあり方が大きく変わろうとしている。

オンラインによる作業の導入。テイクアウトによる食事の販売の仕方。

時短による営業。出勤人数を調整しての組織運営。

個人に目を向ければ、在宅勤務。子どもが登校できず自宅にいるという状況。夫婦がいつもより長い時間顔を突き合わせる日々。

すべてがこれまでの価値観からは想像できない事態だ。

こんな時、人は過去の経験から対応を判断する。

だけど、人類史上誰も経験したことのない事態ならば尚のこと過去の経験を手放して考えていかねばならない。

それは100%無理なことだろうか?

そんなことはない。

はじめて補助輪なしで自転車に乗る時、自分がそれをできると知らなかったように。

箸の持ち方を教えてもらうまで使い方を知らなかったように。

私たちも最初は何事も知らないことだらけだった。

そして、一つずつ学んで進化してきたはずだ。

だから今だってできるはず。

たくさんの問題はある。だけど、こんな状況でもまだ世界が回ることを私たちは知っている。

今こそ、過去の時代の経験を手放し今に集中した行動を考えること。

内なる声に耳を傾ける時間の多い今ならきっとそれができる。