ネコはミカンを片手に夜明けを待つ

日々の中で出会った映画・本・お店などのエンタメを紹介する雑記ブログです。小説やウルトラマンをはじめとした特撮を中心に運営中。

映画紹介サイト「MIHOシネマ」は楽しく読める映画の星の本棚

f:id:YUUGA_1235:20201230213221j:plain

こんにちは。管理人の侑芽です。

今回は映画の情報を得る時に私がよく利用しているサイトをご紹介いたします。

というのも、映画ってもの凄く数が多いじゃないですか。

その分検索すれば情報は出てくるけど、自分が「何の情報を知りたいか」を明確にできないまま漠然と探すことも多いと思うんです。

もちろん、そうする中で気に入ったサイトとの出会いがあったりすると思います。

でも、これ一つ見ればストーリーや感想、視聴方法まで網羅されているサイトがあるんです。

それが「MIHOシネマ」。

映画に対しての誠実さと愛情が伝わってくる素敵なサイトです。

「MIHOシネマ」とは

「MIHOシネマ」は映画大好きOL・影山みほさんが編集長を務めておられます。

その特徴は何といっても豊富な情報量

特徴を挙げると……

  • 掲載映画数は7500以上!
  • ストーリーが起承転結で紹介されていてわかりやすい。
  • 感想も書かれていて、作品評価の参考になる。
  • 動画フルを無料視聴できるサービスを紹介してある。
  • 更新頻度が高いため最新映画の情報も手に入る。
  • 口コミ等の情報もあり、多角的な感想が読める。

などが挙げられます。

一点注意が必要なのが、内容のネタバレがあること。

そのため、どちらかというと「映画を観終わった方」や「過去作の情報を知りたい方」に特にお勧めです。

また「考察」というより映画全体の内容を紹介しているサイトです。

なので、例えばブログなどで映画考察記事を書きたい人がストーリーの内容を振り返るのに利用することも有りです。

映画ライフと一口に言っても、「観る」「語る」「仕事として映画のことを書く」など人により様々な形があると思います。

そんな時大事になるのはやはり情報の多さだと思いますが、その点「MIHOシネマ」は必ずそのニーズに応えるサイトだと個人的に思います。

私と「MIHOシネマ」の出会い

最初にこのサイトを知ったのはTwitterでした。

映画関係のアカウントをフォローする中で知ったのですが、自分が一番惹かれたのがストーリー紹介の部分でしたね。

ちょうどその頃ライティングを学んでいたこともあったんですが、私は起承転結で物語を考えるってことが苦手だったんです。

小説とか書くわけじゃないんですが、やっぱり書くことや物語を理解するための基本の考えとして起承転結を自分の身体に沁み込ませたいなと。

「MIHOシネマ」のストーリー紹介の部分には勉強させてもらっています。

「起承転結」って何と悩まれてる方は、言葉の説明のサイトにプラスして「MIHOシネマ」を読むといいと思いますよ。

検索が楽しくなる星の本棚

私は特撮好きなので、検索というと「仮面ライダーW」に登場した「星の本棚」を思い出します。

菅田将暉君が「検索をはじめよう」の言葉で色々な情報を探していたあれですね。地球のあらゆる情報が詰まってる凄い情報量。

現実世界で考えれば、あれはインターネットなんでしょうけど、実際のネットは知りたい情報をピンポイントに探すのはなかなか苦労するもの。

その点「MIHOシネマ」はビジュアル面もシンプルで知りたい情報が探しやすくていいですね。

本当に色々な情報が出てくるので、それこそまるで映画を探す「星の本棚」です。

余裕があれば、是非目当ての作品以外の情報も検索して欲しいですね。そうやって知らなかった映画に出会っていくのも映画ライフの一つかなと思います。

忙しい時代の中だからこそサイト利用を考える

よく言われることなんですけど、やっぱり現代人って時間がない

みんな仕事もやらないといけないのに、家のことに加えてスマホの通知やSNSのことなんかでかなり時間を拘束されますね。

なんでいきなりこんなことを書くかというと、サイト見て内容把握することって映画を理解することに効率いいと思うからです。

内容がシンプルな映画ならいいんですよ。でも、複雑で凝った作りの映画だと内容を一回で理解するのは難しい。

もちろん何度も観直すのが正しいのかもしれないけど、その時間も無い。

そんな時は「事前に内容を把握する」「鑑賞後に再度内容を振り返る」ことが必要になる。

やっぱり、せっかく観たのに記憶にも残らないって勿体ないというか残念だなと思うんです。

実際、私はよくわからなかった場面も後で情報を調べて納得すると映画の印象が変わった作品もありました。

映画って本当に色々楽しみあるけど、時間の無さがそれを奪う。

「MIHOシネマ」はそんな人たちにうってつけのサイトなので、気になる映画のある方は一度覗いて欲しいなと個人的には思います。

映画好きの「熱」がきっと伝わってきます。